東京女子大学
現代教養学部
人文学科
英語文学文化専攻
教授

小倉 美知子

オグラ ミチコ
Michiko Ogura

その他の所属・職名

  1. 人間科学研究科(博士前期課程) 人間文化科学専攻 英語文学文化分野

経歴

  1. 都留文科大学 文学部英文学科 講師 1979/04/01-1984/09/30
  2. University of Oxford St. Edmund Hall Visiting Fellow 1983/04/01-1984/03/31
  3. 都留文科大学 文学部英文学科 助教授 1984/10/01-1988/04/30
  4. 横浜国立大学 教育学部 助教授 1988/05/01-1991/03/31
  5. 千葉大学 文学部 助教授 1991/04/01-1993/03/31
  6. 千葉大学 文学部 教授 1993/04/01-2005/03/31
  7. 千葉大学 大学院人文社会科学研究科 教授 2006/04/01-2011/03/31
  8. 慶應義塾大学 文学部英米文学専攻 教授 2011/04/01-2015/03/31
  9. 東京女子大学 現代教養学部人文学科英語文学文化専攻 特任教授 2015/04/01

学歴

  1. 成蹊大学 文学部 英米文学科 1972/03/31 卒業
  2. 成蹊大学 文学研究科 修士 1973/03/31 その他
  3. 東京都立大学 人文科学研究科 修士 1975/03/31 修了
  4. 専修大学 文学研究科 博士 1979/03/31 修了

学位

  1. PhD(文学博士) 専修大学 1980/03
  2. D.Litt(文学博士) アダム・ミッケビッチ大学 2008/05

教育・研究活動状況

My special field of study is Old and Middle English syntax and word study.

研究分野

  1. 英語学

研究キーワード

  1. 英語史
  2. 中世英語学

研究テーマ

  1. 英語史、特に中世(9~15世紀)の資料を対象とした統語論と語彙研究 中世英語学を専門とする。史的資料の中から解明されるべき問題を見つけ出して調査・研究し、英語の発達過程をより適確に把握することを目指す。古英語・中 英語の詩と散文の文法・語彙に関心があり、特に古英語の福音書と詩編(行間注釈)の研究、また9世紀から17世紀までの迂言用法・非人称構文・再帰構文の 研究に重点を置いている。

著書

  1. 変化に重点を置いた英語史 小倉美知子 単著 英宝社 2015
  2. Aspects of Anglo-Saxon and Medieval England Michiko Ogura 共著 Two syntactic Notes on English Grammar: (1) OE beon/wesan + present participle, (2) OE standan as a Copula Frankfurt am Main: Peter Lang 2014
  3. Words and Expressions of Emotion in Medieval English Michiko Ogura 単著 Frankfurt am Main: Peter Lang 2013
  4. Verbs of Motion in Medieval English Michiko Ogura 単著 Cambridge: D. S. Brewer 2002
  5. Verbs in Medieval English. Differences in Verb Choice in Verse and Prose Michiko Ogura Berlin: Mouton de Gruyter 1996

論文

  1. 単著 Binomials, Word Pairs and Variation as a Feature of Style in Old Englis Poetry Michiko Ogura Kopaczyk, Joanna, and Hans Sauer (eds.), Binomials in the History of English. Cambridge: Cambridge University Press 63-81 2017/07/13
  2. 単著 Pronoun Retention in Old and Middle English Relative Clauses Michiko Ogura Poetica Maruzen-Yushodo 87, 31-45 2017/06/25
  3. 単著 What really happened to 'impersonal' and 'reflexive' constructions in Medieval English Michiko Ogura Jacek Fisiak, M. Bator and M. Sylwanowicz (eds.), Essays and Studies in Middle English Frankfurt am Main: Peter Lang 141-162 2017/03/01
  4. 単著 Borrowed or Translated? -- Acceptability of Christian Terms Michiko Ogura 東京女子大学『英米文学評論』 東京女子大学英米文学研究会 63, 81-94 2017/03/01
  5. 単著 Compound Reflexive as a Metrical Filler, or _Self_ in _Himself_ as an Alliterating Element? Michiko Ogura Studies in English Literature, Englis Number 日本英文学会 58, 77-95 2016/12

研究発表

  1. How Free the Translation could be: Choices of Verb Forms in Lindisfarne and Rushworth Versions of the Gospels International Medieval Congress 2017/07/04 University of Leeds Leeds, U. K.
  2. Indirect Object with or without "to" in the Earlier and Later Versions of the Wycliffite Bible The Tenth International Conference on Middle English (ICOME 10) 2017/06/01 University of Stavanger Stavanger, Norway
  3. Pronoun Retention in Old English IAUPE Main Conference 2016/07/29 International Association of University Professors of English Institute of English Studies, King's College, London, U. K.
  4. Morphological Merger of Old English Verbs in the late OE Period IAUPE Medieval Symposium 2016/07/23 International Association of University Professors of English Cumberland Lodge, Windsor, U. K.
  5. Self の存在意義 日本英文学会全国大会 2016/05/28 日本英文学会 京都大学

受賞

  1. 日本英文学会第5回新人賞 1982/05

所属学協会

  1. 韓国英語学会 2002
  2. 英語史学会 (会長) 2001
  3. 国際英語正教授学会 (実行委員 2013-2019) 1996
  4. 近代英語協会 1988
  5. 日本英語学会 1986