東京女子大学
現代教養学部
人文学科
英語文学文化専攻
教授

小倉 美知子

オグラ ミチコ
Michiko Ogura

その他の所属・職名

  1. 人間科学研究科(博士前期課程) 人間文化科学専攻 英語文学文化分野

経歴

  1. 都留文科大学 文学部英文学科 講師 1979/04/01-1984/09/30
  2. University of Oxford St. Edmund Hall Visiting Fellow 1983/04/01-1984/03/31
  3. 都留文科大学 文学部英文学科 助教授 1984/10/01-1988/04/30
  4. 横浜国立大学 教育学部 助教授 1988/05/01-1991/03/31
  5. 千葉大学 文学部 助教授 1991/04/01-1993/03/31
  6. 千葉大学 文学部 教授 1993/04/01-2005/03/31
  7. 千葉大学 大学院人文社会科学研究科 教授 2006/04/01-2011/03/31
  8. 慶應義塾大学 文学部英米文学専攻 教授 2011/04/01-2015/03/31
  9. 東京女子大学 現代教養学部人文学科英語文学文化専攻 特任教授 2015/04/01

学歴

  1. 成蹊大学 文学部 英米文学科 1972/03/31 卒業
  2. 成蹊大学 文学研究科 修士 1973/03/31 その他
  3. 東京都立大学 人文科学研究科 修士 1975/03/31 修了
  4. 専修大学 文学研究科 博士 1979/03/31 修了

学位

  1. PhD(文学博士) 専修大学 1980/03
  2. D.Litt(文学博士) アダム・ミッケビッチ大学 2008/05

教育・研究活動状況

My special field of study is Old and Middle English syntax and word study.

研究分野

  1. 英語学

研究キーワード

  1. 英語史
  2. 中世英語学

研究テーマ

  1. 英語史、特に中世(9~15世紀)の資料を対象とした統語論と語彙研究 中世英語学を専門とする。史的資料の中から解明されるべき問題を見つけ出して調査・研究し、英語の発達過程をより適確に把握することを目指す。古英語・中 英語の詩と散文の文法・語彙に関心があり、特に古英語の福音書と詩編(行間注釈)の研究、また9世紀から17世紀までの迂言用法・非人称構文・再帰構文の 研究に重点を置いている。

著書

  1. 変化に重点を置いた英語史 小倉美知子 単著 英宝社 2015
  2. Aspects of Anglo-Saxon and Medieval England Michiko Ogura 共著 Two syntactic Notes on English Grammar: (1) OE beon/wesan + present participle, (2) OE standan as a Copula Frankfurt am Main: Peter Lang 2014
  3. Words and Expressions of Emotion in Medieval English Michiko Ogura 単著 Frankfurt am Main: Peter Lang 2013
  4. Verbs of Motion in Medieval English Michiko Ogura 単著 Cambridge: D. S. Brewer 2002
  5. Verbs in Medieval English. Differences in Verb Choice in Verse and Prose Michiko Ogura Berlin: Mouton de Gruyter 1996

論文

  1. 単著 Resumptive Pronouns in Old English Relative Clauses Michiko Ogura English Without Boundaries Cambridge Scholars Publishing 180-194 2017/09/20
  2. 単著 Binomials, Word Pairs and Variation as a Feature of Style in Old Englis Poetry Michiko Ogura Kopaczyk, Joanna, and Hans Sauer (eds.), Binomials in the History of English. Cambridge: Cambridge University Press 63-81 2017/07/13
  3. 単著 Pronoun Retention in Old and Middle English Relative Clauses Michiko Ogura Poetica Maruzen-Yushodo 87, 31-45 2017/06/25
  4. 単著 What really happened to 'impersonal' and 'reflexive' constructions in Medieval English Michiko Ogura Jacek Fisiak, M. Bator and M. Sylwanowicz (eds.), Essays and Studies in Middle English Frankfurt am Main: Peter Lang 141-162 2017/03/01
  5. 単著 Borrowed or Translated? -- Acceptability of Christian Terms Michiko Ogura 東京女子大学『英米文学評論』 東京女子大学英米文学研究会 63, 81-94 2017/03/01

研究発表

  1. Verbs with negative import introducing affirmative or negative that-clause International Conference on English Historical Linguistics 20 2018/08/29 ICEHL University of Edinburgh
  2. 古英語文献における直接・間接話法 近代英語協会シンポジウム『英語話法に関する史的研究』 2018/06/23 近代英語協会 京都大学
  3. 詩篇行間注釈書にみるキリスト教語彙の古英語訳 日本英文学会シンポジウム『聖書の英語―その特異性と普遍性』 2018/05/20 日本英文学会 東京女子大学
  4. Christian Terms in Interlinear Glosses of the Psalter: A Lexical Comparion between Vespasian, Regius and Lambeth Psalters The History of English Language in Poznan 2017/11/26 Faculty of English, Adam Mickiewicz University Poznan, Poland
  5. How Free the Translation could be: Choices of Verb Forms in Lindisfarne and Rushworth Versions of the Gospels International Medieval Congress 2017/07/04 University of Leeds Leeds, U. K.

受賞

  1. 日本英文学会第5回新人賞 1982/05

所属学協会

  1. 韓国英語学会 2002
  2. 英語史学会 (会長) 2001
  3. 国際英語正教授学会 (実行委員 2013-2019) 1996
  4. 近代英語協会 1988
  5. 日本英語学会 1986