Tokyo Woman's Christian University
School of Arts and Sciences
Division of Global Social Sciences
Department of Sociology
Professor

Masato Ina


Other affiliation / position

  1. Graduate School of Humanities and Sciences (Master's Degree Course) Division of Human and Social Sciences Global Studies

Career

  1. 岡山大学 教養部 講師 1985/04-1988/03
  2. 岡山大学 教養部他 教養教育担当 助教授 1988/04-1996/03
  3. 東京女子大学 文理学部 助教授 1996-2001/03
  4. 東京女子大学 文理学部→現代教養学部 教授 2001/04

Academic degrees

  1. 社会学士 Hitotsubashi University 1980/03
  2. 社会学修士 Hitotsubashi University 1982/03
  3. 博士(社会学) Hitotsubashi University 1993/06

Licenses and qualifications

  1. 専門社会調査士(一般社団法人社会調査協会) 2005/10/01

Research keywords

  1. 文化社会学(サブカルチャー、マイノリティの文化、青少年文化、ポピュラー文化)
  2. 社会心理(青少年問題、価値意識の質的研究)
  3. アメリカ社会学史(公共社会学、動機論、社会学的想像力、C・ライト・ミルズ研究) 

Subject of research

  1. サブカルチャー・青少年心理・メディア文化・アメリカ社会学史 アニメーション、マンガ、ポピュラー音楽、テレビ文化、ディズニーランド等々を題材にしながら、社会と文化の変動について考察する。その背景としての工業化とマイノリティ(人種的、性的、世代的等々)の動員、それによる市民社会の再編などについて、アメリカと日本を対比しながら考察する。

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 競争的資金については、科研費のホームページをご覧下さい。https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=%E4%BC%8A%E5%A5%88%E6%AD%A3%E4%BA%BA

Bibliography

  1. 社会学理論応用事典 日本社会学会理論応用事典刊行委員会編 Contributor 「エリート論/エリート支配」を執筆 丸善 2017/07/31
  2. The Sociological Imagination C.Wright Mills Joint Translation p.p.1-226 筑摩書房 2017/02/08 4480097811 URL
  3. 哲学中辞典 吉田傑俊他 Contributor 「ミルズ」「サムナー」「機能主義」を執筆 知泉書館 2016/12 4862852440
  4. やけあと闇市野毛の陽だまり 伊奈正司、伊奈正人 Joint Work (伊奈正司著の解題) ハーベスト社 2015
  5. C・W・ミルズとアメリカ公共社会――動機の語彙論と平和思想 Only Work 彩流社 2013

Papers

  1. Research paper (bulletin of university, research institution) Only 公共社会学の現代的条件 : プラグマティズムと「公衆との対話」 (矢澤修次郎教授退任記念号) 伊奈正人 成城大学社会イノベーション研究 成城大学 10/ 1, 39-60 2015/01 URL
  2. Research paper (scientific journal) ゆらぎのなかの若者文化 (特集 続・若者の現在を考える) 青少年問題 60/ 649 2013
  3. Research paper (bulletin of university, research institution) 間の文化再考― 一つの序説的ノート 経済と社会 東京女子大学社会学会 33号 2005 URL
  4. (MISC) Research paper 子どもの反抗はどう変わったか 児童心理 804 2004
  5. Research paper (scientific journal) 価値意識の変容と欲望―若者文化を中心として 神奈川大学評論 第48号 2004

Memberships of academic societies

  1. 日本社会学会
  2. 地域デザイン学会
  3. 日本社会学理論学会
  4. 日本社会学史学会
  5. 日本ポピュラー音楽学会

Committee Career

  1. 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員 2008/04/01-2009/03/31
  2. 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員 2011/04/01-2012/03/31