東京女子大学
現代教養学部
人間科学科
コミュニケーション専攻
教授

李 津娥

イー ジーナ
Jinah Lee

その他の所属・職名

  1. 人間科学研究科(博士前期課程) 人間社会科学専攻 心理・コミュニケーション科学分野

経歴

  1. 東京女子大学 現代文化学部コミュニケーション学科 専任講師 1999/04-2002/03
  2. 東京女子大学 現代文化学部コミュニケーション学科 助教授 2002/04-2007/03
  3. 東京女子大学 現代文化学部コミュニケーション学科 准教授 2007/04-2008/03
  4. 東京女子大学 現代文化学部コミュニケーション学科 教授 2008/04-2009/03
  5. 東京女子大学 現代教養学部人間科学科コミュニケーション専攻 教授 2009/04
  6. The University of British Columbia (Canada) Institute of Asian Research, College for Interdisciplinary Studies Visiting Professor 2011/04-2012/03

学位

  1. 学士(政治学) 延世大学校 1990/02
  2. 修士(政治学) 延世大学校 1992/02
  3. 博士(社会学) 慶應義塾大学 2001/04

研究キーワード

  1. 広告論
  2. メディア論

研究テーマ

  1. 広告と消費者心理
  2. 政治コミュニケーション
  3. ディアスポラのトランスナショナルなメディア消費

著書

  1. メディア・オーディエンスの社会心理学 李光鎬・渋谷明子編著、鈴木万希枝・李津娥・志岐裕子共著 共著 「第4章 広告」pp.76-97, 「第7章 ジェンダーとセクシュアリティ」pp.138-160, 「第12章 有権者」pp.246-268, 「第13章 生活者」pp.269-289. 新曜社 2017/04/11
  2. Routledge Handbook of Political Advertising, Routledge Holtz-Bacha, Christina & Just, Marion R.(eds) 共著 Japanese Political Advertising in a Changing Media and Electoral Environment, pp.353-365. Routledge 2017/02/24
  3. メディアとジェンダー 国広陽子・東京女子大学女性学研究所編 共著 「第4章 広告・消費・ジェンダー」pp.145-177 勁草書房 2012/01
  4. 政治広告の研究-アピール戦略と受容過程- 単著 pp.1-203 新曜社 2011/03
  5. マス・コミュニケーション理論―メディア・文化・社会―(上・下) 共訳、宮崎寿子監訳、原著:Stanley J. Baron, Dennis K. Davis 共訳 「マス・コミュニケーション理論」pp.41-60、「マス・コミュニケーションの規範理論」pp.137-181、「支配的なパラダイムへの挑戦 子ども、システム、効果」pp.269-315 新曜社 2007/05

論文

  1. 共著 Homeland Media Consumption of Diasporic Mothers: The Case of Korean Migrants in Vancouver Jinah Lee & Kwangho Lee Keio Communication Review Institute for Media and Communication Research, Keio University 39, 5-19 2017/03
  2. 共著 Gendered Reactions to Women Politicians in Japan: The Role of Media Use and Political Cynicism Jinah Lee & Kwangho Lee Keio Communication Review Institute for Media and Communication Research 38, 21-38 2016/03
  3. 単著 中国朝鮮族女性のメディア利用とアイデンティティ-ダブルディアスポラとしての多言語能力とメディア消費を中心として 李津娥 女性学研究所年報 東京女子大学女性学研究所 25, 4-5 2015/03
  4. 共著 Multilingul Experiences, Media Consumption, and Transnational Identity in a Double Diasporic Context: The Case of Korean-Chinese in Japan Jinah Lee & Kwangho Lee Keio Communication Review Institute for Media and Communication Research, Keio University 37, 27-39 2015/03
  5. 共著 Overcoming Gendered Images: Japanese Women Politicians’ Self-Presentation on Twitter Jinah Lee & Kwangho Lee Philosophy Mita Philosophy Society, Keio University 135, 91-109 2015/03

研究発表

  1. 企業の「パーソナリティ」知覚とイメージ−ツイッターの企業アカウントに対するフォロワーの反応− 日本社会心理学会第56回大会 2015/10/31 日本社会心理学会 東京女子大学
  2. Multilingual Experiences, Media Consumption, and Diasporic Identity among Korean-Chinese in Tokyo Paper presented at the 6th International Conference on Language and Communication:Language, Media, and Development in East and South-East Asia 2014/08/22
  3. 投票時の参考情報源と政治意識との関連 日本社会心理学会第55回大会 2014/07/27 日本社会心理学会 北海道大学
  4. 女性政治家はどう見られているか(2)―争点能力評価について 日本社会心理学会第54回大会 2013/11/03 日本社会心理学会 沖繩国際大学
  5. 女性政治家はどう見られているか(1)―ジェンダー・ステレオタイプについて 日本社会心理学会第54回大会 2013/11/03 日本社会心理学会 沖繩国際大学

受賞

  1. 第7回助成研究吉田秀雄賞奨励賞 2009

所属学協会

  1. IAMCR(Internationl Association for Media and Communication Research)
  2. 三田社会学会
  3. 日本社会心理学会
  4. 日本広告学会
  5. 日本マス・コミュニケーション学会

委員歴

  1. 日本マス・コミュニケーション学会 企画委員会委員 2005/07-2007/06