Tokyo Woman's Christian University
School of Arts and Sciences
Division of Psychology and Communication
Department of Communication
Professor

Mayumi KARASAWA


Other affiliation / position

  1. Graduate School of Humanities and Sciences (Master's Degree Course) Division of Human and Social Sciences Psychological and Communication Sciences
  2. Graduate School of Humanities and Sciences (Doctoral Degree Course) Division of Human Sciences

Career

  1. Senshu University Graduate School, Master Course 非常勤講師 2001/04/01

Academic degrees

  1. 博士(文学) Shirayuri College 1998/10/12

Research Areas

  1. Educational psychology
  2. Social psychology

Research keywords

  1. Cultural Psychology
  2. Ddevelopmental Psychology
  3. Aging
  4. Cross-cultural Comparison
  5. Preschools in different cultural context
  6. Cultural Neuro Science

Subject of research

  1. Culture and Self 文化に生まれ、文化に生きる人のこころの成り立ち、特に自己認識の生成、文化との相互構成過程を、質問紙、質問紙実験、脳波など、学際的な方法で、日米比較を中心に検討している。
  2. Culture and Aging
  3. Socialization in different cultural contexts

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 不安とホルモンについての文化神経心理学的検証ー日米女性比較データによる検証― Science research expense 基盤研究 (C) 2017/04/01-2019/03/31
  2. 文化と自己認識-文化神経科学からのアプローチ Science research expense 基盤研究 (C) 2014/04/01-2017/03/31
  3. 文化的課題としての察し:対人知覚の文化的スクリプトの検証 Science research expense 基盤研究 (C) 2011/04/01-2013/03/31
  4. ミニマリストの幸福:交差文化的方法による検証 Science research expense 基盤研究 (C) 2008/04/01-2010/03/31
  5. 社会化された注意―比較文化的および発達的視点からの検証― Science research expense 基盤研究 (C) 2004/04/01-2006/03/31

Bibliography

  1. 親子関係診断テスト 臨床評価で読み解くこころ 中山書店 2015
  2. 臨床評価で読み解くこころ 親子関係診断テスト 中山書店 2015/06/30
  3. 誠信心理学辞典 新版 下山晴彦他 編集  26章 文化(総括) 00節 総説 01節 文化心理学の成り立ち 誠信書房 2014/09/05
  4. 児童心理学の進歩 通説を超えて――比較文化研究再考、書評 高野陽太郎著『「集団主義」という錯覚――日本人論の思い違いとその由来』(2008年・新曜社) 2010/06/30
  5. 認知心理学 (New Liberal Arts Selection)  箱田裕司・都築誉史・川畑秀明・萩原滋(編著) トピックス 文化と思考 有斐閣 2010/06/30

Papers

  1. Behavioral adjustment moderates the link between neuroticism and biological health risk: A U.S.-Japan comparison study 2018/09
  2. Culture and social hierarchy: Self- and other-oriented correlates of socioeconomic status across cultures. 2018/05
  3. “思いやり”の多様性:暗黙知に気づくということ 2017/09/27
  4. Culture and healthy eating: The role of independence and interdependence in the United States and Japan. 2016/08
  5. 「思いやり」のパラドックス-文化比較をするということ,特集 共生時代の文化と心 2016/01

Research presentations

  1. Social Context Influences a Neurocognitive Signature of Child Emotion Regulation: A Cross Cultural Study 2018/05/03
  2. ERPからみた日本の就学前児の心の理論—心の理論獲得の文化差についての脳神経科学的検討 2018/03/27
  3. 幼児期の子どもの外在化問題行動・内在化問題行動の予測因—日本・中国・アメリカの子どもについての文化比較研究 2018/03/26
  4. 児童期の内在化問題行動の予測因—幼児期の生理的ストレス反応と親のしつけについての縦断的データによる検討 2017/10/28
  5. 見守るしつけと子どもの感情制御-縦断研究からの検討 2017/10/09

Prizes

  1. the 2013 Otto Klineberg Intercultural and International Relations Prize Best paper of the year on intercultural or international relations 2013/07/23
  2. 日本発達心理学会優秀論文賞 日本の母親のあいまいな養育態度と4歳の子どもの他者理解:日米比較からの検討 2013/03/26
  3. 日本心理学会優秀論文賞 日本における自他の認識-自己批判バイアスと他者高揚バイアス 2002/09/26

Memberships of academic societies

  1. 日本心理学会 1988
  2. 日本教育心理学会 1988/10
  3. International Society for the Science of Behavioral Development 1989/07
  4. 日本発達心理学会 1989
  5. International Association of cross-cultural Psychology 1989