東京女子大学
現代教養学部
人間科学科
コミュニケーション専攻
教授

唐澤 真弓

カラサワ マユミ
Mayumi KARASAWA

その他の所属・職名

  1. 人間科学研究科(博士前期課程) 人間社会科学専攻 心理・コミュニケーション科学分野
  2. 人間科学研究科(博士後期課程) 生涯人間科学専攻

経歴

  1. 専修大学 大学院 非常勤講師 2001/04/01

学位

  1. 博士(文学) 白百合女子大学 1998/10/12

研究分野

  1. 教育心理学
  2. 社会心理学

研究キーワード

  1. 文化心理学
  2. 発達心理学
  3. エイジング
  4. 文化比較
  5. 就学前教育の文化差
  6. 文化神経科学

研究テーマ

  1. 文化と自己 文化に生まれ、文化に生きる人のこころの成り立ち、特に自己認識の生成、文化との相互構成過程を、質問紙、質問紙実験、脳波など、学際的な方法で、日米比較を中心に検討している。
  2. 文化とエイジング
  3. 文化に生きるこども

競争的資金等の研究課題

  1. 文化と自己認識-文化神経科学からのアプローチ 科学研究費 基盤研究 (C) 2014/04/01-2017/03/31
  2. 文化的課題としての察し:対人知覚の文化的スクリプトの検証 科学研究費 基盤研究 (C) 2011/04/01-2013/03/31
  3. ミニマリストの幸福:交差文化的方法による検証 科学研究費 基盤研究 (C) 2008/04/01-2010/03/31
  4. 社会化された注意―比較文化的および発達的視点からの検証― 科学研究費 基盤研究 (C) 2004/04/01-2006/03/31
  5. 感情の社会・文化的構造—日常的感情経験にみる社会的認識の文化的媒介プロセスー 科学研究費 基盤研究 (C) 2001/04/01-2003/03/31

著書

  1. 親子関係診断テスト 臨床評価で読み解くこころ 中山書店 2015
  2. 臨床評価で読み解くこころ 親子関係診断テスト 中山書店 2015/06/30
  3. 誠信心理学辞典 新版 下山晴彦他 編集  26章 文化(総括) 00節 総説 01節 文化心理学の成り立ち 誠信書房 2014/09/05
  4. 児童心理学の進歩 通説を超えて――比較文化研究再考、書評 高野陽太郎著『「集団主義」という錯覚――日本人論の思い違いとその由来』(2008年・新曜社) 2010/06/30
  5. 認知心理学 (New Liberal Arts Selection)  箱田裕司・都築誉史・川畑秀明・萩原滋(編著) トピックス 文化と思考 有斐閣 2010/06/30

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Culture and healthy eating: The role of independence and interdependence in the United States and Japan. Levine, C. S., Miyamoto, Y., Markus, H. R., Rigotti, A., Boylan, J. M., Park, J., Kitayama, S., Karasawa, M., Kawakami, N., Coe, C. L., Love, G. D., & Ryff, C. Personality and Social Psychology Bulletin 42/ 10, 1335-1348 2016/08 10.1177/0146167216658645
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 「思いやり」のパラドックス-文化比較をするということ,特集 共生時代の文化と心 唐澤真弓 心理学ワールド 日本心理学会 76, 17-20 2016/01
  3. 共著 Expression of anger and ill health in two cultures: An examination of inflammation and cardiovascular risk. Kitayama, S., Park, J., Boylan, J., Miyamoto, Y., Levine, C., Markus, H. R., Karasawa, M., Coe, C., Kawakami, N., Love, G., & Ryff, C. Psychological Science 26/ 2, 211-220 2015/04
  4. 共著 Culture, inequality, and health: Evidence from the MIDUS and MIDJA comparison Ryff, C. D., Miyamoto, Y., Boylan, J. M., Coe, C. L., Karasawa, M., Kawakami, N., Kan, C., Love, G. D., Levine, C., Markus, H. R., Park, J., & Kitayama, S Culture and Brain 3/ 1, 1-20 2015/01
  5. 共著 Subjective and objective hierarchies and their relations to psychological well-being: A US /Japan comparison. Curhan, K. B., Levine, C. S., Markus, H. R., Kitayama, S., Park, J., Karasawa, M., Kawakami, N., Love, G. D., Coe, C. L., Miyamoto, Y., & Ryff, C. D. Social Psychological and Personality Science 5/ 8, 855-864 2014/11 10.1177/1948550614538461

研究発表

  1. Neurodevelopmental Aspects of Japanese Children’s ToM. the 29th APS Annual Convention, 2017/05/27 URL Boston, MA, USA.
  2. Neurodevelopmental Aspects of Japanese Children’s ToM the 29th APS Annual Convention 2017/05/27 Association of Psychological Science Boston, USA
  3. ERPからみた日本の子どもの心の理論の発達—日米比較研究による探索的検討—, 日本発達心理学会第28回大会 2017/03/26 広島大学
  4. Japanese Mode of Self: An ERP Investigation of Self-Criticism and Other-Enhancement. the 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology. 2016/08/03 Nagoya, Japan
  5. Japanese Mode of Self: An ERP Investigation of Self-Criticism and Other-Enhancement. the 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology. 2016/08/03 International Association for Cross-Cultural Psychology Nagoya, JAPAN

受賞

  1. the 2013 Otto Klineberg Intercultural and International Relations Prize Best paper of the year on intercultural or international relations 2013/07/23
  2. 日本発達心理学会優秀論文賞 日本の母親のあいまいな養育態度と4歳の子どもの他者理解:日米比較からの検討 2013/03/26
  3. 日本心理学会優秀論文賞 日本における自他の認識-自己批判バイアスと他者高揚バイアス 2002/09/26

所属学協会

  1. 日本心理学会 1988
  2. 日本教育心理学会 1988/10
  3. International Society for the Science of Behavioral Development 1989/07
  4. 日本発達心理学会 1989
  5. International Association of cross-cultural Psychology 1989