著書

公開件数: 11 件
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 外国人労働者受入と日本語教育
田尻英三(編著)ほか
子どもの日本語教育―人権としてのことばの教育
ひつじ書房
2017/08/04
201784978-4-89476-887-1


2 異文化間教育学体系3 異文化間教育のとらえ直し
山本雅代、馬淵仁、塘利枝子(編・著)出羽孝行、金兪貞、小澤理恵子、佐藤千瀬、久保田真弓、鵜川笑子、石井恵理子
9章 少数派言語話者の第2言語習得・学習
明石書店
2016/06/04
978-4-7503-4353-2

1981年に設立された『異文化間教育学会」が。、これまで蓄積してきた研究成果を整理し異文化間教育学の大系化を図るとともに、今後の異文化間教育学研究の課題や方向性を示すことを目的とした全4巻からなるシリーズ。その第3巻『異文化間教育のとらえ直し」の第9章として、第8章が取り上げた「主流派言語母語話者」と呼応して、「少数派言語母語話者の第2言語習得・学習」について、これまでの研究の流れや問題を捉える視座の変化等を整理し、地域社会で生活する日本語非母語話者の人々に対する日本語教育と、子どもたちの日本語及び母語の習得・学習、そしてライフコースを視野に入れた言語習得研究の3の柱を取り上げ、研究の動向と課題を論じた。
3 「多文化共生」は可能か―教育における挑戦
馬淵仁(編著)、山田礼子、森茂岳雄、清水睦美、金侖貞、石井恵理子、岸田由美、リリアン・テルミ・ハタノ
第Ⅱ部第5章 共生社会形成を目指す日本語教育の課題
勁草書房
2011/02/25
978-4-326-25069-1


4 シリーズ朝倉<言語の可能性>8 言語と社会・教育
西原鈴子(編著)野山広、横田雅弘、加賀美常代、サウクエン・ファン、横溝信一郎、山本雅代、石井恵理子、伊東祐朗
10.子どもの日本語教育
朝倉書店
2010/05



5 日本語教育の過去・現在・未来 第1巻 社会
水谷修(監修)野山広、石井恵理子(編集)著者:石井 恵理子, 伊東 祐郎, 岩見 宮子, 嘉数 勝美, 小林 悦夫 , 橋本 博子, 浜田 麻里, 春原 憲一郎, 樋口 博, 吉田 依子
第1部 日本語教育と「社会」、第2部 社会・政策の動きから日本語教育を考える~座談会~、第3部8.JSL児童生徒の日本語学習支援体制の整備―教員養成・研修を中心に―
凡人社
2009/04/25



6 「移動する子どもたち」のことばの教育を創造する―ESL教育とJSL教育の共振
川上郁雄、石井恵理子、池上摩希子、齋藤ひろみ、野山広 著者: 川上郁雄、石井恵理子、池上摩希子、齋藤ひろみ、野山広、Jennihfer Hammond, Pauline Gibbonds, Jenne Guse,Di Harwood,佐藤郡衛、バトラー後藤裕子
第2部1章「年少者日本語教育の構築に向けて―子どもの成長を支える言語教育として」第3部1章「学校教育における言語教育が目指すもの、2章「子どものことばの力を育てる読書コミュニティーの実践」
ココ出版
2009/03



7 対人行動の日韓対照研究―言語行動の基底にあるもの
尾崎善光(編)生越直樹、熊谷智子、石井恵理子
第7章 会話における話題選択の日韓比較
ひつじ書房
2008/10
978-4894763418


8 日本語教育年鑑2008
独立行政法人国立国語研究所(編)
3.地域日本語教育システムづくりの課題と展望
くろしお出版
2008/10



9 講座社会言語科学 第4巻 教育・学習
西原鈴子・西郡仁朗(編)
これからの日本語教育
ひつじ書房
2008/08



10 新「ことば」シリーズ17 言葉の「正しさ」とは何か
国立国語研究所編
教育現場で考えることばの正しさ
国立国語研究所
2004/03



11 Welcome to 日本語教室 -外国からきた子どもたちに日本語を教えるボランティア
つくばインターナショナルグループ(TIG)学校部
つくば市の日本語ボランティア
明石書店
2003/03