東京女子大学
現代教養学部
数理科学科
情報理学専攻
教授

林 青司

リン セイジ
C.S. Lim

名誉教授授与大学名

  1. 神戸大学 名誉教授

その他の所属・職名

  1. 理学研究科(博士前期課程) 数学専攻
  2. 理学研究科(博士後期課程) 数学専攻

経歴

  1. 米国ブルックヘブン国立研究所 物理研究部 研究員 1984/04/01-1987/02/28
  2. 高エネルギー物理学研究所 物理研究部 助手 1987/10/01-1992/03/31
  3. 神戸大学 理学部 助教授 1992/04/01-1996/01/31
  4. 神戸大学 理学部 教授 1996/02/01-2007/03/31
  5. 神戸大学大学院 理学研究科 教授 2007/04/01-2013/03/31
  6. 東京女子大学 現代教養学部 教授 2013/04/01

学歴

  1. 東京大学 理科 I 類  1974/03/31 修了 日本
  2. 東京大学 理学部 物理学科 1976/03/31 卒業 日本
  3. 東京大学 理学系大学院 物理学専攻 修士 1978/03/31 修了 日本
  4. 東京大学 理学系大学院  物理学専攻 博士 1981/03/31 修了 日本

学位

  1. 理学士 東京大学 1976/03/31
  2. 理学修士 東京大学 1978/03/31
  3. 理学博士 東京大学 1981/03/31

教育・研究活動状況

主な研究分野は、物理学の中の素粒子理論です。現象論的アプローチを基本としながら、多少純理論的側面を持つ分野にも興味を持って研究しています。現象論的分野に関しては、稀少過程(Flavor Changing Neutral Current Processes) やCPの破れ、電弱パラメタ―の精密検証、等の素粒子理論の確立に大きな役割を果たして来たテーマ、また標準模型を超える理論の必要性を明解に示しているニュートリノ振動、といった分野を中心に研究して来ました。最近は、純理論的側面も持った研究として、標準模型を超える理論の魅力的な可能性である余剰次元をもった高次元理論、特にヒッグス粒子を高次元のゲージ粒子と見なす事で階層性問題の解法を与える“Gauge-Higgs Unification (ゲージ・ヒッグス統一理論)”の研究に力を注いでいます。 

研究分野

  1. 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

研究キーワード

  1. 物理学

研究テーマ

  1. 素粒子の標準模型を超える理論、素粒子の統一理論の構築とその検証 万物を構成する最も基本的な粒子である素粒子についての理論的研究。また、これに関連する色々な自然現象。

競争的資金等の研究課題

  1. ニュートリノ質量と高次元ゲージ理論 科学研究費 新学術領域研究(研究領域提案型) 2016/06/30-2018/09/30
  2. 軽いヒッグスとゲージ・ヒッグス統一理論の新展開 科学研究費 基盤研究(C) 2015/04/01-2020/03/31
  3. 標準模型を超える理論の統一に向けて 科学研究費 挑戦的萌芽研究 2011/04/28-2015/03/31
  4. 高次元理論と予言可能な物理量 科学研究費 基盤研究(A) 2009/04/01-2014/03/31

著書

  1. 素粒子の標準模型を超えて 林 青司  単著 丸善出版  2015/07/30 978-4-621-06509-9
  2. CP対称性の破れ~小林・益川模型から深める素粒子物理~ 単著 サイエンス社 2012/06/25
  3. 素粒子物理学ハンドブック 編者:山田作衛 ・相原博昭 ・岡田安弘 ・坂井典佑 ・西川公一郎、分担筆者:林  青司、他  共著 標準模型を越える統一理論 朝倉書店 2010/10/05 978-4-254-13100-0

論文

  1. Few remarks on the Higgs boson decays in gauge-Higgs unification 2016/09/16
  2. Predictions of the Higgs mass and the weak mixing angle in the 6D gauge-Higgs unification 2016/06/10
  3. Is the 126 GeV Higgs boson mass calculable in gauge–Higgs unification? 2015/04/01
  4. Anomalous Higgs interactiuons in dimensional deconstruction 2014/12/17
  5. Distinguishing between Extra Natural Inflation and Natural Inflation after BICEP2 2014/08/01

研究発表

  1. The implication of gauge-Higgs unification to the hierarchical fermion masses 2018/03/26
  2. Higgs physics in the scenario of gauge-Higgs unification 2018/03/21
  3. The implication of gauge-Higgs unification to the hierarchical fermion masses 2017/12/11
  4. Space-time dimension and the unity of forces 2017/10/05
  5. Higgs boson decays and hierarchical quark masses in gauge-Higgs unification 2017/09/02

受賞

  1. 第7回素粒子メダル 2007

社会貢献活動

  1. 武蔵野地域五大学共同講演会

所属学協会

  1. 日本物理学会

委員歴

  1. 高エネルギー物理学研究者会議(日本物理学会) 高エネルギー物理奨励賞審査委員   2017/04/01-2019/03/31
  2. 日本物理学会 第73~74期 代議員 2017/04/01-2019/03/31
  3. 日本物理学会 第72~73期 監事 2016/03/31-2018/03/31
  4. 日本物理学会 Progress of Theoretical and Experimental Physics 執行編集委員 2015/08/01
  5. 日本物理学会 第71~72期 代議員 2015/04/01-2017/03/31