研究発表

公開件数: 16 件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 その他
頭で階段を登る男・難波嘉一――太平洋をまたいだ軽業師の足跡 1906-1964
東京女子大学同窓会 同窓会報
2018/09


2 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
カントリーミュージックを通して見える米国社会
アメリカ学会第52回年次大会
2018/06/02


3 口頭発表(一般)
〈うたう/きく〉ことの記録、記憶、忘却――太平洋をわたる「支那の夜」とその来歴
音楽する身体間の相互作用を捉える――ミュージッキングの学際的研究
2018/01/20


4 口頭発表(一般)
戦後日本における米軍慰問演芸とその系譜――ヴァラエティ・ショーの比較文化史 1850年代から1950年代まで
アメリカ学会第51回年次大会
2017/06/03


5 その他
日本ポピュラー音楽学会第28回大会報告 ワークショップA 初期電気録音時代の世界音楽地政学: Michael Denning, Noise Uprisingの批判的読解を通じて
JASPM NEWSLETTER (29巻1号)
2017/04


6 その他
横顔の影に――ナバホの父の記憶
トラベシア (1号)
2016/08


7 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
叢書『戦争が生み出す社会』第III巻・難波功士編『米軍基地文化』(新曜社、2014)書評
「戦争が生み出す社会」―関西学院大学先端社会研究所叢書『戦争が生み出す社会』を手がかりとして―
2014/09/15


8 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
関西における米軍基地とその「特需」としての音楽――占領期から朝鮮戦争後にかけて
現代史サマーセミナー
2014/08/10


9 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
円環する同時代――戦後日本の米軍基地と音楽の記憶/記録から
第58回地球セミナー
2014/06/25


10 口頭発表(招待・特別)
戦後日本と複数のアメリカ――中央線でたどる米軍将兵と音楽の交錯1954-1958
現代風俗研究会「東京の会」第17期・新風俗学教室第3回
2014/04/26


11 口頭発表(招待・特別)
〈動くひと〉へのアプローチ――戦後日本の米軍基地における音楽というフィールドから
国際社会学研究会
2014/01/11


12 口頭発表(招待・特別)
耳を澄ます調査、すれちがう表現
特定非営利活動法人サーベイ(NPOサーベイ)研究会
2013/06/29


13 口頭発表(一般)
「からだ」と「わざ」の米軍慰問――戦後芸能史断章
同時代史学会2012年度大会
2012/12/08


14 口頭発表(招待・特別)
進駐軍ソングをときほぐす――エキゾチシズムをめぐる一考察
日本ポピュラー音楽学会第22回年次大会
2010/11/28


15 口頭発表(招待・特別)
進駐軍ソングをときほぐす――歌とエキゾチシズムをめぐる歴史人類学
平成22年度みんぱく若手研究者奨励セミナー
2010/11/26


16 口頭発表(招待・特別)
オトは流れてヒトは往く――戦後日本の米軍基地と音楽1945-58
日本文化人類学会関東地区研究懇談会
2010/03/08