Tokyo Woman's Christian University
School of Arts and Sciences
Division of Global Social Sciences
Department of International Relations
Lecturer

Aoki Shin


Academic degrees

  1. 学士(社会学) Sophia University 1999/03
  2. 修士(社会学) Hitotsubashi University 2002/03
  3. 博士(社会学) Hitotsubashi University 2009/07

Research keywords

  1. 日米交流史
  2. 比較文化史
  3. 歴史人類学
  4. ポピュラー音楽研究

Subject of research

  1. 日米交流史・比較文化史、ポピュラー音楽研究。 戦争、音楽、演芸に着目しながら、日本とアメリカをまたぐ人や文化の移動、交流、衝突、接触の動態を歴史人類学的に研究している。

Bibliography

  1. 『めぐりあうものたちの群像――戦後日本の米軍基地と音楽1945-1958』 Only Work 大月書店 2013
  2. 『音の力――ストリートをとりもどせ』 Joint Work インパクト出版会 2002
  3. 『人文・社会科学系大学院生のキャリアを切り拓く――<研究と教育>をつなぐ実践』 Joint Work 大月書店 2014
  4. アメリカ文化事典 Contributor 米軍基地 丸善出版 2018/01/20

Papers

  1. 『野火』にみる武蔵野の風景とフィリピンのゲリラ 2018/06
  2. 調査と表現をつなぐ時間――記録文学と歴史的民族誌の方法的検討 2017/09
  3. Singing Exoticism: A Historical Anthropology of the G.I. Songs "China Night" and "Japanese Rumba" 2017/03
  4. 「米軍と基地と文化――なにが『アメリカ的』なのか」(書評論文:難波功士編『米軍基地文化』新曜社、2014) 2015
  5. 「一橋大学大学院におけるアカデミック・キャリア支援の取り組み――ある『若手研究者』の視点から」 2015

Research presentations

  1. 頭で階段を登る男・難波嘉一――太平洋をまたいだ軽業師の足跡 1906-1964 2018/09
  2. カントリーミュージックを通して見える米国社会 2018/06/02
  3. 〈うたう/きく〉ことの記録、記憶、忘却――太平洋をわたる「支那の夜」とその来歴 2018/01/20
  4. 戦後日本における米軍慰問演芸とその系譜――ヴァラエティ・ショーの比較文化史 1850年代から1950年代まで 2017/06/03
  5. 日本ポピュラー音楽学会第28回大会報告 ワークショップA 初期電気録音時代の世界音楽地政学: Michael Denning, Noise Uprisingの批判的読解を通じて 2017/04

Prizes

  1. 2016 David Thelen Award “Singing Exoticism: A Historical Anthropology of the GI Songs ‘China Night’ and ‘Japanese Rumba’” (The Japanese Association for the Study of Popular Music, Popular Music Studies Vol. 16) 2016
  2. Suntory Prize for Social Sciences and Humanities, the 35th prize 『めぐりあうものたちの群像――戦後日本の米軍基地と音楽1945-1958』(大月書店、2013) 2013

Memberships of academic societies

  1. 戦争社会学研究会
  2. 現代風俗研究会
  3. 同時代史学会
  4. アメリカ学会
  5. 日本ポピュラー音楽学会

Committee Career

  1. アメリカ学会 会務委員 2018/07/01
  2. 日本ポピュラー音楽学会 理事 2017/02/01
  3. 日本ポピュラー音楽学会 『ポピュラー音楽研究』編集委員 2015/04/01-2017/02/28