東京女子大学
現代教養学部
人文学科
英語文学文化専攻
教授

浜名 恵美

ハマナ エミ
Emi Hamana

名誉教授授与大学名

  1. 筑波大学名誉教授

その他の所属・職名

  1. 人間科学研究科(博士前期課程) 人間文化科学専攻 英語文学文化分野 教授

プロフィール

  1. エリザベス朝演劇から現代にいたるまでの英語圏の演劇とパフォーミング・アーツ、とくにシェイクスピアの今日の世界的に多様な上演を課題として、広く英語圏の演劇や文化テクストを研究しています。授業では、シェイクスピアから日本演劇(英語翻案・上演版または英語字幕入り)までをとりあげ、比較文化・異文化理解の視点から問題を発見・分析し、理解を深める理論と方法を考察します。

経歴

  1. 筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター長 2015/04/01-2016/03/31
  2. 筑波大学 教育研究評議会委員 2012/04/01-2016/03/31
  3. 筑波大学 外国語センター長 2011/08/01-2015/03/31
  4. 筑波大学 人文社会系 教授 2001/04/01-2016/03/31

学歴

  1. 東京都立大学 人文科学研究科 英文学専攻 博士 1981/03/31 単位取得満期退学 日本

学位

  1. 博士(文学) 筑波大学 2003/01/31
  2. 修士(英語) バーミンガム大学 1980/12/15
  3. 文学修士 東京都立大学 1977/03/31

教育・研究活動状況

エリザベス朝演劇から現代にいたるまでの英語圏の演劇とパフォーミング・アーツ(とくにシェイクスピアの今日の世界的に多様な上演)を主な対象として、広く英語圏の演劇や文化テクストを研究しています。授業では、シェイクスピアから、ミュージカル、日本演劇(英語翻案・上演版または英語字幕入り)までをとりあげ、比較文化・異文化理解の視点から考えていきます。

研究分野

  1. 英米・英語圏文学

研究キーワード

  1. 演劇、パフォーマンス、異文化理解、認知学的アプローチ

研究テーマ

  1. 英文学(シェイクスピア、演劇・パフォーマンス)と英語。 世界シェイクスピア上演研究の立場から多文化・多言語上演、パフォーミング・アーツ、文化研究、英語教育などを研究している。 2003/04/01

競争的資金等の研究課題

  1. 世界シェイクスピア上演への認知学的アプローチの意義と可能性 科学研究費 基盤研究(C) 日本学術振興会 科学研究費 2017/04/01-2020/03/31 世界シェイクピア上演への認知学的アプローチの意義と可能性を解明する。世界的にもまだ新しく、特に日本の演劇研究では遅れている認知学的アプローチ(cognitive approaches)の立場から、世界各地で行われているシェイクスピア上演について、その意義と可能性を理論と実践の両面から解明する。本研究の具体的目的は、3年間で、世界シェイクスピア上演の認知学的アプローチによる新しい価値を見出すとともに、今後の世界シェイクスピア上演への認知学的アプローチの理論と実践に有意義な提言を行うことである。
  2. 「日本」のエンプソン―日本におけるウィリアム・エンプソンの生活、作品、受容に関する文献及び資料調査研究ー 学内特定研究 総合研究31 東京女子大学比較文化研究所 2017/04/01-2020/03/31
  3. 世界シェイクスピア超言語上演の意義と可能性 科学研究費 日本学術振興会 科研費 2014/04/01-2017/03/31
  4. 世界シェイクスピア上演をとおした異文化理解教育 科学研究費 基盤研究(C) 日本学術振興会 2011/04/01-2014/03/31
  5. シェイクスピアの異文化パフォーマンス:相互理解促進モデル 科学研究費 基盤研究(C) 2007/04/01-2010/03/31

著書

  1. 異文化理解とパフォーマンス―Border Crossers 編著者:松田幸子、笹山敬輔、姚紅 その他 はじめに 春風社 2016/07/15 978-4-86110-499-2
  2. The Cambridge Guide to the Worlds of Shakespeare 分担執筆 "Shakespeare in Quotations in Japanese" Cambridge University Press 2016/01
  3. シェイクスピア・プリズム 英国ルネサンスから現代へ 分担執筆 「シェイクスピア, 女性, 演劇」 金星堂 2013
  4. 文化と文化をつなぐ シェイクスピアから現代アジア演劇まで 単著 筑波大学出版会 2012
  5. テクストたちの旅程―移動と変容の中の文学 分担執筆 現代(日本)演劇における移動と変容:平田オリザ作『ソウル市民三部作』, 野田秀樹作『The Bee』, 三谷幸喜作『笑の大学』に関する考察 花書院 2008

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 Translingual Performance of King Lear: Lear Dreaming as a Case Study Emi Hamana Litteraria Pragensia: Studies in Literature and Culture Charles University, Prague, Czech Repulic 26/ 52, 90-105 2017/03/23 0862-8424 Exploring translingual performances of Shakespeare’s King Lear, this article discusses Lear Dreaming (2012) directed by Ong Keng Sen as a case study with a special focus on its environmental affordance, as well as a cognitive approach to scenography. The largely feminist version of Lear (1997) was adapted by Rio Kishida, a Japanese female playwright, and refashioned by Ong Keng Sen, a Singaporean director who is world-famous for his intercultural productions. In Lear Dreaming, Ong reduced the number of players to four--two men and two women--with a team of gamelan musicians. In several scenes, the elder daughter (acted by a Chinese pipa player) expresses her mind through music with surtitles rather than verbal exchanges. Lear Dreaming is distinguished by effective use of music, laser beams and other scenic means. As a rare example of a translingual adaptation of Shakespeare's play, it is thought-provoking, cutting-edge, and appropriate for a new age.
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 Performance Review. Sandaime Richard, written by Hideki Noda and directed by Ong Keng Sen 浜名恵美 Shakespeare Studies 日本シェイクスピア協会 54, 40-43 2017/03 0582-9402
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 Last Shakespeare Plays Directed by Yukio Ninagawa: Possessed by the Power of Theater Emi Hamana Journal of Literature and Art Studies David Publishing 7/ 3, 269-277 2017/03 10.17265/2159-5836/2017.03.004 This paper reconsiders Ninagawa’s direction from a global/local perspective with a special focus on several last works directed by him: Richard II, performed by young players of the Saitama Next Theater in February 2012, which was especially intended for the local Japanese audience; Ninagawa Macbeth, which was performed in September 2015 and was a revival of the director’s internationally-acclaimed production, first performed in Japan in 1980 and abroad in 1985 onwards; and Two Gentlemen of Verona, the thirty-first in his series of Shakespeare plays and seventh in his series of Shakespeare plays with all-male casts, in October 2015. His last plays were not as perfect as he was still experimenting. This paper concludes, however, that while possessed by the power of theater, his direction emits its magical and subversive power and suggestion to give the audience vital energy to live in this world of tough conflicts. He continued to hope to make global and local spectators wonder at the plays he directed.
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 Toward a Study of Translingual Performance of Shakespeare Worldwide with a Focus on Henry V 浜名恵美 英米文学評論 東京女子大学英米文学研究会 63, 41-64 2017/03/01
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 Performing Shakespeare in Contemporary Japan: The Yamanote Jijosha's The Tempest Emi Hamana Multicultural Shakespeare: Translation, Appropriation and Performance Lodz University Press 14/ 29, 73-85 2016/12 10.1515/mstap-2016-0017 In considering the Yamanote Jijosha’s The Tempest, this paper explores the significance of performing Shakespeare in contemporary Japan. The company’s The Tempest reveals to contemporary Japanese audiences the ambiguity of Shakespeare’s text by experimenting with the postdramatic and a new acting style. While critically pursuing the meaning and possibility of theatre and performing arts today, this version of The Tempest powerfully presents a critical view of the blindness and dumbness of contemporary Japan, as well as the world represented in the play.

研究発表

  1. パネル・ディスカッション「シェイクスピア研究におけるディジタル・ヒューマニティーズの成果と可能性」(使用言語:日本語と英語) 第56回シェイクスピア学会 2017/10/08 日本シェイクスピア協会 近畿大学
  2. 基調講演 アジア・シェイクスピア上演・研究の現在ーシェイクスピアのアジア、アジアのシェイクスピアー シンポジウム  アジアのシェイクスピア―シェイクスピア受容の多様性― 2017/01/07 シェイクスピアの新しい価値や面白さを発見(または創出)することを目指して、アジア(主に東アジア)のシェイクスピア上演と研究の動向、シェイクスピア受容の多様性について、ディジタル・アーカイヴズや最新の理論なども視野に入れながら、論じた。 早稲田大学 早稲田大学
  3. シェイクスピア 400年のリフレイン ――解体、構築、そして再生へ―ー 東京芸術劇場公演関連レクチャー 2016/11/15 没後 400 年を経たシェイクスピア、その作品は今日も多様な翻案・演出で上演が繰り返されている。アジアを代表する演出家の一人であるオン・ケンセンの最先端の多文化・多言語演出においては、日 本・シンガポール・インドネシア国際共同制作『三代目、りちゃあど』を含めて、さまざまな試みが なされている。リフレインという方法を特 徴とする新進気鋭の演出家・藤田貴大が初めてシェイクスピに挑み、『ロミオとジュリエット』を独自 に構成して斬新に上演することを目指している。このレクチャーでは、シェイクスピアの国際共同制作、 解体・構築・再生の意義について、『三代目、りちゃあど』と『ロミオとジュリエット』を中心に、世界シ ェイクスピア上演の動向や最新の理論(認知学的アプローチ、"neurotheatre studies"等)を視野に入れながら論じた。 公益財団法人 東京都歴史文化財団 東京芸術劇場 東京芸術劇場 『三代目、りちゃあど』(東京芸術祭2016オータムセレクション)、『ロミオとジュリエット』(シェイクスピア没後400年記念行事)
  4. Seminar on King Lear and its Versions 10th World Shakespeare Congress July 31st-5th August 2016 2016/08/01 International Shakespeare Association Stratford-upon-Avon and London
  5. Last Shakespeare Plays Directed by Yukio Ninagawa: Possessed by the Power of Theatre International Association of University Professors for English Triennial Conference, 25th-29th July 2016 2016/07/26 IAUPE Institute of English Studies, School of Advanced Study University f London London My paper on the last plays directed by Ninagawa was read in Section 4: Shakespeare in Global Performance

受賞

  1. 第3回新人賞 1980/10/11
  2. 福原賞(出版助成) 2004/01/09

社会貢献活動

  1. 独立行政法人大学評価・学位授与機構 大学機関別認証評価委員会専門委員会委員 2014/05/01-2016/04/30
  2. 日本学術振興会外国人研究者招聘事業(短期) 招聘研究者:カリフォルニア大学アーヴァイン総長教授ブライアン・レノルズ 受入研究者:筑波大学人文社会系教授 浜名恵美 2014/10/27-2014/11/15 その他
  3. 日本学術振興会 科学研究費補助金専門委員会 第二段審査委員(文学一般) 2012/12/01-2013/11/30 その他
  4. 日本学術振興会 科学研究費補助金専門委員第一段審査委員(英米・英語圏文学) 2009/12/01-2011/11/30 その他

所属学協会

  1. Alliance of Digital Humanities Organizations (ADHO) 2017/04/05
  2. International Association of University Professors of English (IAUPE) 2015/06/01
  3. 日本演劇学会 2007/04/01
  4. MLA 2002/04/01
  5. 異文化コミュニケーション学会 1998/04/01

委員歴

  1. 日本シェイクスピア協会 Shakespeare Studies, Editorial board member 2017/04/01-2019/03/31
  2. 日本シェイクスピア協会 Shakespeare Studies, performance review editor 2012/04/01-2016/03/31
  3. 日本シェイクスピア協会 運営委員会委員 2007/04/01-2011/03/31
  4. 日本シェイクスピア協会 学会誌編集委員 2007/04/01-2010/03/31
  5. 日本シェイクスピア協会 運営委員会委員 1999/04/01-2003/03/31