著書

公開件数: 21 件
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 異文化理解とパフォーマンス―Border Crossers
編著者:松田幸子、笹山敬輔、姚紅
はじめに
春風社
2016/07/15
978-4-86110-499-2


2 The Cambridge Guide to the Worlds of Shakespeare

"Shakespeare in Quotations in Japanese"
Cambridge University Press
2016/01



3 シェイクスピア・プリズム 英国ルネサンスから現代へ

「シェイクスピア, 女性, 演劇」
金星堂
2013



4 文化と文化をつなぐ シェイクスピアから現代アジア演劇まで


筑波大学出版会
2012



5 テクストたちの旅程―移動と変容の中の文学

現代(日本)演劇における移動と変容:平田オリザ作『ソウル市民三部作』, 野田秀樹作『The Bee』, 三谷幸喜作『笑の大学』に関する考察
花書院
2008



6 ことばと文化のシェイクスピア

シェイクスピアの異文化パフォーマンス―蜷川幸雄演出『タイタス・アンドロニカス』, 宮城聰演出『ク・ナウカで夢幻能な『オセロー』』, 野村萬斎主演『ハムレット』に関する考察
早稲田大学出版部
2007



7 言葉の絆:藤原保明博士還暦記念論集

異文化演劇の21世紀:多様性をとおしての共生と共創のために
開拓社
2006



8 アメリカナイゼーション―静かに進行するアメリカの文化支配


研究社
2004



9 ジェンダーの驚き―シェイクスピアとジェンダー


日本図書センター
2004



10 英語圏文学―国家・文化・記憶をめぐるフォーラム

処女女王の驚き(The Wonder of the Virgin Queen)―初期ヴァージニア植民地言説をとおして
人文書院
2002



11 グローバル・コミュニケーション論―対立から対話へ

ジェンダーと国際関係
ナカニシヤ出版
2002



12 シェイクスピア大事典

「VII章 批評と研究」編集と序文,「IX章 21世紀のシェイクスピア」編集
日本図書センター
2002



13 Hot Questrists After the English Renaissance: Essays on Shakespeare and His Contemporaries

“The Wonder of the Virgin Queen: Through Early Colonial Discourse on Virginia”
AMS Press
2000



14 逸脱の系譜

「爆発するレズビアン・ゲイ文化研究―現代アメリカを中心として」
研究社
1999



15 Hamlet and Japan

“Whose Body Is It, Anyway?: A Re-Reading of Ophelia”
AMS Press
1995



16 シェイクスピアの歴史劇

「性の政治学/解釈の政治学―『アントニーとクレオパトラ』を読む」
研究社
1994



17 シェイクスピア批評の現在

「ばら戦争は終わったのか?―『リチャード三世』の記号空間分析」
研究社
1993



18 性のペルソナ 
カミール・パーリア
上巻
河出書房新社
1998/09/01



19 美人―あるいは美の症状
フランセット・パクト―

研究社
1996/11/01



20 ロンドンの見世物I
リチャード・オールティック
21-305
国書刊行会
1989/12



21 ハーレクィンの世界―復権するコンメーディア・デッラルテ
アラーダイス・ニコル

岩波書店
1989/09/01